一人暮らしの費用とのギャップ

例えばこんな物件で、今は開いてないけど家賃57000円でちょっと古めのアパート。そう言って写真付きのチラシで情報を見せてくれた。間取りは6畳の1Kというタイプらしい。一人暮らしするならこのくらいの広さがあれば、十分生活していける。ただこの写真を見る限り、相当に古い感じがする。女の一人暮らしにはあまり向いていると思えない。この値段でガスコンロが使えてバストイレ別となると、こんな感じのものが出てきますが、やっぱり嫌ですよね。

確かにここは無理です。今言ったような条件をはずして、割と綺麗なマンションになると、63000円でこんな感じになります。一人暮らし用のワンルームで、6畳の中にキッチンがあるので、実際に使えるスペースは若干狭くなります。きっとイメージが湧かないと思いますので、少しお時間をいただければ歩いて2分ぐらいで中見れますけど、行ってみますか?一人暮らしの部屋のイメージが掴めてなかった私には、絶好のチャンスだったので案内してもらった。

だいぶ暗くなってきてるから、概観はいまいち綺麗なのかどうかは分からなかった。2階だったので玄関を開けて中に入っていく。ブレーカーを挙上げると、室内の電気がついた。一人暮らし用ならではの、玄関の小ささには驚いてしまう。下駄箱も申し訳程度についてるだけなので、ブーツはかなり邪魔になりそう。室内に入ってみると、確かにキッチンが非常に邪魔で狭く感じる。いくら一人暮らしとはいえ、これではかなり苦しいんじゃないかな。

もしここで自炊をしたら、ニオイが充満してしまう。窓を全開にしてやらないと、こんな小さな換気扇では役に立たないと思う。一人暮らしの中で最も一般的なワンルームですけどいかがですか?思っていた以上に狭いっていうのが、正直な感想です。ここって収納はないんですか?はい、ありません。一人暮らしするのに荷物を整理しても、収まりきるとは思えないので、収納がないのは致命的ですね。あとキッチンが中にあるのも、やっぱり嫌です。

Copyright 一人暮らしの費用と資金の用意 2017